So-net無料ブログ作成
tre gånger ブログトップ

キャリアにガールのおまけ付き +  [tre gånger]


まだ書いていなかったはずですが、
もしも書いていたら、
繰り返し & 補足 です。


‥∨‥∨‥

3~4年前の一時期、
立て続けに言われた言葉;

「キャリアがある」


最初に言われたときは、
びっくりしました。
妹の夫が言ったのです;

「姉ちゃんにはキャリアがあるから
.ニートじゃないんだから」


キャリア? ニート?!!


ニートの定義では年齢が外れますが、
ここは気にせず。


キャリアという言葉は、
スーツと書類とパンプス‥ というイメージで、
じぶんは無縁だと思っていました。

ジーンズにスニーカー、エプロン姿で、
段ボール箱に囲まれているのも、

キャリア‥

なのだそうです。

うーん、やはり違和感が。


と思っていたところへ、
ひと回り年下の従妹;

「それはpepparkakaちゃんのキャリアだね」


うわっ、また?

驚きながらも、このときは、
年の離れた従妹なので、
彼女から見れば、そうかもしれない‥
と、わりと素直に受けとめました。


いずれも身内の口から出た言葉ですが、
3人めは、旧友でした。

と言っても、身内以上の。

従妹に言われてから、
ひと月も経たないうちに;

「君にはキャリアがあるんだから」


・・∨・・


いずれも、子どもの本に関する仕事
.~ 書く話す整理する企画する展示する‥etc. ~

を、ぽつぽつ単発でやりながら、
並行して、いろいろな短期アルバイトをして、
回らなくなっていた頃でした。


疲労困憊よれよれのわたしには、

キャリア? なにそれ??

と、唐突な印象でしたが、
傍目には、そんなふうに映っているのか‥
と、やはり嬉しかったです。


へぇ、キャリアかぁ~ 

なんて。

嬉しがっているだけでは始まらない。

失敗も反省も、山また山・・・

肩書きは、なし。
後悔も、なし。

えっへん!



そして昨日。

同じ建物で働く、やや年配の男性に、

「(こんな格好では)遊んでるみたいですよね」

と言うと、

「いやいや、キャリア・ガールに見えますよ」

って。


4人めは、ガールが付きました。

その方から見れば、
ガールかもしれませんが‥

でも、ウーマンでは、
それこそ、スーツに書類にパンプス。

レディも、違う感じ..




ふふ、キャリア だって。


キャリアって、積むものですよね?

あ、運ぶもの?





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

後ろ姿で  [tre gånger]



久々に、このカテゴリーです。
3回(以上)言われたことがあること;

「後ろ姿でわかった」


1)

働いていたビルに、
辞めてから1年くらい経ったころ、
何度か続けて行ったとき。

顔馴染みの警備員さんに挨拶したら、
言われました。

「こないだも来てたでしょ」

えー、お会いしませんでしたよね。

「後ろ姿を見たんだよ」

後ろ姿でわかるんですか?

「そりゃあ、あなたはすぐわかるよ」


2)

今年の初め。 たしか1月2日。

働いている店で、休憩中に、
しゃがんで商品を眺めていたら、
後ろから声をかけられました。

「miu~?」

高校時代のクラスメイト。
しばらくお喋りしたあとで、
後向きだったのに、よくわかったね~ と言ったら、

「なんとなく… 雰囲気で」


3)

今日。

警備員さんの窓の前を、
ご挨拶は、またの機会に… と、
うつ向いて、そそくさと通り過ぎたのですが、
その後、エレベーターを待っていたら、

「お疲れさまですー!
こちらに戻って来られたんですか?」

うわ、見つかっていました。

「後ろ姿で、あっと思って」

はい、戻ってきたんです。
ご挨拶は改めて… と思って、
こっそり通ってしまったんですけど、
追いかけてきていただいて、すみません。
ありがとうございます。

今度は別の場所なんです。
またよろしくお願いします。

「そうだったんですね~!
こちらこそよろしくお願いします
あとで巡回に伺います!」

制服姿がよく似合う、
きびきび元気な女性です。


ほかにも、

‐ 地下鉄の階段で前を上がっていく、
‐ 長いスカートの人(= pepparkaka)、
‐ どんな人だろうと思っていたら、
‐ 同じビルに入って行くからびっくりした。

とか。


そんな特異な背格好ではないと思いますが・・・。

歩くのが下手で、
左右に、よろよろしがちなので、
それが特徴かもしれません。



後ろ姿でわかってしまうなんて、
隠れているつもりでも、バレバレですね。


気 を つ け よ う っと。。。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

じょしだのどのだの  [tre gånger]

漢字で書くと、女史だの殿だの。


〈 pepparkaka女史 〉

男性ふたりが、メールに書きました。

ひとりはプライベートなメールで、
わたしへの呼びかけで。

2度めに書いてあったとき、
あまり気に入っていないのですが…
と、お返ししたら、
それっきり、
そうは書かれなくなりました。

もうひとりは、15人くらいへのCc配信メールに。
内容は、わたしの引っ越し手伝い募集。

これが稀にみる名文でした。
女史にNGを出したかどうかは、
覚えていません。


広辞苑によると;

じょし【女史】

① 中国で、後宮に仕えて記録をつかさどった女官。

② 昔の女官の一。
. 文書の事をつかさどったもの。

③ 社会的地位や名声のある女の人。
. また、その氏名に添える敬称。

~~ ① 記録をつけるのは好き。
~~ ② 文書より文章のほうが好き。
~~ ③ 社会的地位? 名声? …無縁。



〈 pepparkaka殿 〉

秋から一緒に働いている同僚が言いました。

「pepparkakaさんって、pepparkaka殿 って感じ!」

えーっ と不満の声を上げ、
あとから来た別の同僚に、

わたし、pepparkaka殿 って感じする?
と訊いてみたら、答えは瞬時。
「はい、します!」

3人めにも訊くと、
即座にうなずき、「ふん」。


トノじゃなくて、ヒメがいい~
と何度か言ってみたけれど、
誰にも聞こえなかったみたい。


広辞苑によると;

どの【殿】

① 他人の氏名・官名の下に添えて敬意を表す語。
. 「様」よりも敬意が軽く、
. また現在ではより公的な用語。

② 地名の下に添えて、そこにある御殿・邸宅、
. またそこに住む人の敬称。

~~ ① より公的な。
.. . ≒ より私的度が低い? ・・・とは?

~~ ② 春風荘は、御殿でも邸宅でもなく、
.. . むかし風味の、うさぎ小屋 or 鳩小屋ですが、
.. . 春風殿なら、聞こえ良し。



しかしながら。

いったい、なんでしょう?

女史だの殿だの。


まぁ、女子よりは女史のほうが。
ドンよりはドノのほうが。

良いと思う。 ことにする。 かな。。。






nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「変わったね」  [tre gånger]


2つ3つ前に書いた記事、〈「変わってる」〉。
ちょこちょこ手直ししていたら、
後半ばっさり! 消してしまいました。

あーあ。

いったんしまって、また載せます。

… … … … … … … … … … … … … ★


21世紀に入って、
母校の吹奏楽部OB楽団に復帰して、
仲間たちに言われた言葉;

.「変わったね」


1つ下の後輩と、
2つ下の後輩と、
5つ上の先輩に、

言われました。

高校生~大学生の頃とは、ずいぶん変わったね、
という意味です。


どんな風に変わったのかは、
だいたい自覚しています。

なぜなら、じぶんで変えようとしたから。
変えたいと思っていたから。


こんな風になりたい、と思っていると、
だいたい10年くらいで、
周囲からそう言われるようになる…
というのが、今までの、わたしの実感です。


「変わったね」「変わったね」と、
立て続けに言われた当時は、
どういう意味だろ… と、思ったりもしましたが、
面と向かって言われるのだから、
悪い意味ではないはず…
と考えることにしていました。

もし、良くないほうに変わってしまっていたら、
本人に直接ではなく、ほかの人に、
「○○さん、変わっちゃったね・・・」
と言うほうが多いかな、と。


こういう考え方を、
positive thinking と言います。

どちらかというと、negative というか、
心配性というか、悲観的というか、
こわがりというか・・・ だったので、
物事を良いように解釈できるようになったのも、
「変わった」ことのひとつ、です。







「変わってる」 [tre gånger]


3人から言われたことがあること。

3人というのは、少なくとも、です。
もっと多くの人に言われたことも、含みます。


「変わってる」


いちばん古い、確実な記憶は、中学生のとき。
2年生か3年生。

ちょっぴりワルくて知られていた子に、
「変わりもーん、変わりもーん」
と、笑顔で静かに言われました。

中学生の頃は、たびたび言われていたのです。
「変わってる」とか「ヘン」だとか。

でも、ほとんど気にしていませんでした。

== 変わっててもいいじゃない
== 人と同じじゃ面白くないのに

と、心のなかで、
本気で思っていました。

中学生といえば、
持ち物をお揃いにしたり、
連れだってトイレに行ったりするお年ごろ。

なのに、変わってると言われても、
ほとんど気にしていなかった…
それは、変わっていたと思います。


いちばん新しい、確実な記憶は、5年ほど前。
カイロプラクティックの先生に言われました。

なんの話だったか忘れましたが、

「ふーん、変わってるね」
と言われたので、

「子どものときから、そう言われてます」
と応えたら、

「なんだ、そんな昔から変わってたのか」


高校時代は、変わった人が多かったので、
そのなかに紛れていましたが、
あるとき、クラスメイトが、
わたしについて思いつく言葉を、
便箋いっぱいに書いてくれたなかに、

「ユニークな変わり者」 「繊細」 「鈍感」


1つめの本屋で何年か働いたころ、
なんでもないときに、ふと、
「あなたは独特ね」
と、おっしゃったのは、
わたしを雇ってくれていた、
両親より少し年上の方。


―― 独特 ≒ ユニーク ≒ 変わってる



「変わってる」

言われ続けて、ン十年。


まだまだありますが、このへんで。。。






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

同じことを3回言われたら  [tre gånger]

また新しいカテゴリーをつくりました。

[ tre gånger ]

英語にすると、three times、
日本語なら、3回 です。


同じことを、別の人から言われることがあります。
短いあいだに、続けて。

3回言われたら、それは、
どんな内容であれ、
ほんとうのことなのだ…
と、思うことにしています。

嬉しいことも、そうでないことも。


嬉しいことなら、
素直に信じて、喜んでいいんだな、
自信を持っていいんだな、
と思うことにします。

そうでないことなら、
つまり、言われて嬉しくないことなら、
たとえそんなつもりがなくても、
そう言わせてしまう部分が、
じぶんにはあるんだな、
と思うことにしています。
そして、できるだけ直すようにします。


短いあいだではなく、
長年に渡って、いろいろな人から、
どこへ行っても、
言われ続けていることもあります。

嬉しいことなら、じぶんの長所として、
できるだけ失わないように、
守っていきたい、さらに育てたいと思います。

嬉しくないことのほうは、大問題。
悩みの種として、いつもいつも、つきまといます。



3回言われたこと。
3人から言われたこと。

嬉しいことも、そうでないことも、
思い出しながら、ひとつずつ、
書いてみることにします。




tre gånger ブログトップ