So-net無料ブログ作成

再起動〈 ムーミン 〉②  [bokklubb(sön→måndag]



 Trollkarlens hatt.jpg

『たのしいムーミン一家』








木いちごのジュースのかわりに、
ブラック・ベリーの実を2つ、
葉っぱごと摘んで、用意しました。





アダプター交換とバージョンアップ '  [datamaskin]



発火の恐れがあるため、
電源アダプターを交換してください。

というお知らせハガキと、
小さな箱が届いていたのに、
開けもせずに放っておいたら、
「リコール」というシールを貼った同じ箱が、
何日か前に、また届いたので、
今日の午前中、
ようやく意を決しました。


交換用の新しいアダプターは、
先に届いた箱に入っていました。

説明の通りにやって、
1つも困ることなく終了。


交換作業をしながら、
一緒に置いてあった封筒を開けたら、

ルーターのバージョンアップのお願い

でした。

電話かパソコンで‥ とあったので、
電話の受話器を取ると、
音がしません。

ルーターの、
「CONFIG」のところは、赤ランプ。

電源アダプターを、
新しいのに交換したら、
電話がつながらなくなってしまったんです!

それは困ります。
めったに使わない電話ですが、
ファックスも留守電もありませんが、
でも、困ります。


それならパソコンで‥
と、ホームページにアクセスしたら、
1つめの操作、
必要なダウンロードはできたのですが、
次の、ログイン画面で立ち往生。

「名前」と「パスワード」が、わかりません。

そこまでやって、
0120ー に電話しました。


結果的には、万事ok。

電話も、インターネットも、
これまで通りに繋がりました。

途中、通信に、
260秒もかかりましたが、
待ち時間は、
あれこれ話していたら、
すぐでした。

どうしても、
じぶんでできなければ、
無料で出張サービスしてもらえる‥
ということでしたが、
電話で教えてもらうだけで、
無事に完了。


万歳!


―――――

引っ越して、
電話番号が変わったときも、

ダイヤル回線を、
ADSL回線にしたときも、

また引っ越して、
また電話番号が変わったときも、

シェル型から、四角い型に、
買い換えたときも、

モデムを増量(?)したときも、

また引っ越したときも。

いちばん最近の引っ越しでは、
メタル回線がなかったから、
自動的に、ひかり回線になったけれど。


まぁ、ともかく、
わからないなりに、
設定も、接続も、
誰かに来てもらうことなく、
やっています。

そのたびに、
電話に出ていただいた方には、
根気よく、丁寧に、
わかるまで、できるまで、
教えていただき、
とても助かっています。


電話の向こうの方が言うのとは、
ぜんぜん違う画面が出たりしますが、
(Windows じゃないからですよね)

それでも、なんとか。


そんなわけで、
今日の午前中は、
電源アダプターの交換と、
ルーターのバージョンアップを、
いっぺんに済ませた というわけです。


あー、よかった。
終わって、よかった。


1時間もかからなかったと思います。

意を決して、箱を開けてから、
最終的に、電話を切るまで。



= 追伸 =

あとは、古いアダプターを、
送り返すだけです。

すでに梱包して、
同封してあった着払い伝票を貼って、
玄関に置いてあります。


どうしようかな。

集荷にきてもらおうかな。
営業所まで持っていこうかな。
それとも、違うところへ、
もっと近くへ、持っていってみようかな。







風にあおられ  [årstid och väder]



また降りだした帰り道、
傘をさして歩いていたら、
風にあおられ、
くるっと回ってしまいました。

両手で傘を持ったまま、
時計と反対まわりに、
左手のほうに、一回転。


傘は無事。
わたしも無事。

あっという間の出来事でした。




短冊は、
一昨日から今日までに、
ぜんぶで4枚ひろいました。

4人ぶん、1枚ずつ。


台風が行ってしまったら、
また結ぼうと思っています。







海の日  [barnboksbrevduva]


しばらく海を見ていませんが、
今日は、海の日。

いちばん最近、海を見たのは、
いつだったのか、どこだったのか、
あとで思い出してみます。


・・☆

七夕の願いごとは、
まだ結んであります。

8人ぶん、25枚。
(1つも飛んでいなければ)

わたしのは4枚です。


・・☆

写真しか載せていなかった
ローラ② のところに、
遅ればせながら、書きました。

今回は、ノートは見ずに、
記憶を頼りに。

1週間後は、ムーミン② です。


・・☆ ・・☆ ・・


0713_1635 焼とうもろこし.jpg

とうもろこし畑が
西日に照らされていた夕方、
ローラたちの大草原だ!
と思って撮りました。


110718_0939 ブラックベリー.jpg

クリーク床で、
ブラック・ベリーを摘んだのも、
ローラたちです。






明日は七夕  [årstid och väder]



明日にするつもりでしたが、
また降りそうなので、
今日にしました。


110706_1444 七夕.jpg

5人ぶん。
ぜんぶで14。


わたしのは、まだです。

でも、むかし書いた願いごとや、
書きたいと思っていた願いごとが、
届いた14の願いごとのなかに、
なぜか幾つもありました。



わたしのぶんは、わたしのぶんとして、
ちゃんと別に書こうと思っています。



書いて結んで欲しい願いごと、
ありましたら、
お知らせください。


届いたものは、
ぜんぶ書いて結びます。

名まえは書きません。

書くのは、願いごとだけです。







4人から13の願いごと   [årstid och väder]



願いごとが集まってきています。


これを書いている時点で、
届いているのは、

・ 4人から。
・ ぜんぶで13の願いごと。



まだ1つも書いていません。

まだ前の前の日なので、
急がなくても間に合います。







〈 ローラ 〉② '  [bokklubb(måndag]


ローラ2.jpg


ローラ2裏.jpg


___  ___  ___


『大草原の小さな家』


まったく初めて読んだ人、
子どものときに読んで以来の人、
子どものときと、それから、
20年くらい前に読んで以来の人。
そして、わたし。


1つ間違えれば‥ という、
常に命の危険と隣り合わせの日々に、
「不安」
という言葉が多かったです。

だから、先を急ぐように、
一気に読んだ‥ と。

不安だけれど、
とうさんや、かあさんや、
犬のジャックがいてくれるから、
心づよかった‥ と。




とうさんも、かあさんも、
不安でなかったはずは、ありません。

ただ、そんな思いは、
むやみやたらに、
勢い任せにぶつけたり、
あからさまにしたりすることなく、

特にかあさんは、
落ち着いてふるまうように、
努めています。

勇敢で頼もしいとうさんも、
ローラたちの心の内を、
細やかに察してくれます。


だから、ローラは、
そして読み手のわたしたちは、
どんな不安のなかにいても、
絶望しきってしまうことなく、
諦めきってしまうことなく、
生きていられる。




わたし自身が、いちばん読んだのは、
小学2年生のときなので、
8歳だった1年間です。

ローラのとうさんと、
かあさんと、犬のジャックが、
わたしにとっては、なによりの、
心のよりどころでした。


~~


この日(7月4日)は、
乾いた熱い風の強い、
大草原を思わせる午後でした。


――――― 7月18日(月) 正午 ――――




〈 追伸 〉

それにしても、
「不安」という言葉は、
意外でした。




7年め  [Weblog]



2005年の今日から始めて、
満6年になりました。

あやうく忘れるところでしたが、
うまく間に合って、
昨日(昨日!前の日!)、
思い出すことができました。


今日から7年めです。


最近あまり書いていませんが、
そのせいなのか、
過去のページに遡って、
読んでくれる人がいるので、
ときどき、その跡をたどって、
幾つか読んでみたりしています。

びっくりするようなことが、
書いてあることも・・
あります。



= 7月1日 午後9時現在 ===

〔記事数〕  2,684
〔nice!〕  2,052
〔総閲覧数〕 今日: 136 / 累計: 548,412
〔アクセスランキング〕 12,666 位

===================


満6年で、6年間で、

累計 54万 8千 4百 12

という数字は、
わたしの感覚では、多すぎます!

とても大きくて、重たい数字。


カウンターの間違いで、
実際には、半分の 27万 だったり、
3分の1の 18万 だったり、
桁1つ違って、
5万4千 だったり、したとしても。

やはり大きな数字です。
決して、少ない とは言えません。


最近あまり書いていないのは、
そんな理由も、少しは、あります。



公式 ではなく、
オフィシャル でもなく、
いち個人の、私的なページ。


これから先も、
しばらく頻度は落ちますが、
落ちたままかもしれませんが、
続きます。

どうぞよろしくお願いします。






七夕の願いごと +  [årstid och väder]



七夕が近づいてきました。

庭の竹に結びますので、
願いごとのある人は、
お知らせください。

できれば、この場に、
コメント欄に。
アドレスをご存じの方は、
メールでも構いません。

わたし(=pepparkaka)が代筆します。


願いごとの数は、
1つでも、2つでも、3つでも、
もっと多くても、好きなだけ。

但し、
‘ じぶん自身の ’
願いごとにしてください。

ほかの誰かのために‥ ではなく。
誰かほかの人のことを‥ でもなく。


願いごとをしようとすると、
案外、じぶん自身のためではなく、
じぶん以外のことを、
願っていたりはしませんか?

例えば、
じぶんでない誰かの試験の合格だとか、
じぶんでない誰かの怪我の回復だとか。

そして、
そうやって願いはじめたら、
きりがないほど、
たくさんになってしまいませんか?


じぶんのことより、
じぶん以外の誰かのことを願うほうが、
よっぽど簡単だと思います。


だから、ここでは、
(=pepparkakaが代筆するのは)

あなた自身の、
あなたに関する、
あなたにとっての、

願いごと。 だけにします。



じぶん自身のために。
じぶん以外の誰のことも考えずに。

どんなことを願いますか?
なにを願いたいですか?





【 追伸 】

願いごとを短冊に書くときは、
名まえを書かないことにします。

わたし(=pepparkaka)の願いごとも、
わたしでない人の願いごとも。

書くのは、願いごとだけにします。