So-net無料ブログ作成

空を映す  [årstid och väder]

100731_1249~02.jpg



左手にある川の濁流に気をとられ、
気づいたときには、
この池のような水溜まりに、
両足を突っ込んで立っていました。

素足でよかった。


あ、靴は履いています。
豪雨のなかを出てきたので、
濡れてもかまわない、履きつぶした靴を。








nice!(12)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

石垣を積むように  [miusician]



迎合しない

便乗しない

妥協しない

追随しない


安易には

じぶんで考えることなしには


線引き
住み分け

しながらも

ときに

境界線を
飛び越す勇気


そうやって
1つずつ

1つまた1つ

石垣を積むように








nice!(14)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

試奏の誘惑が  [= KONSERT ⅩⅩⅩⅡ 2010]


先日とは別の後輩から、
今朝また、お誘いメールが届いていました。


‐‐ 以前miu先輩が選曲に出してくださった「フランス組曲」が、
‐‐ 2部中曲の候補になりました。
‐‐ おそらく8/●に試奏しますので、よければ遊びにいらしてください♪


うわわ。。 そういえば。

やりたい曲アンケートかなにかに、
「フランス組曲」を書いた記憶が、
あります。

ずいぶん前だったと思いますが、
まだ生きていたんですね。

しかも、2部の候補に挙がっているとは!


・・・いけません。

間違いなく、呼ばれてしまいました。


試奏する予定だという、8月●日は、
夏休みと称して、海の近くまで、
海には行かないけれど、
音楽を聴きに行くつもりでいたのですが、、


いたのですが、

と、過去形で書いている時点で、
すでに心は、フランス組曲。


たぶん、これは罠です!

吹きに行ったら、
演奏会に、出ることに、
きっと、なるんです。


まあ、でも、「フランス組曲」が、
実際に、本番のプログラムに入ったら、
「フランス組曲」だけなら、
よろこんで、乗らせていただきます。


と、つらつら書くうちに、
8月●日は、“ 海の近くで夏休み ”
ではなく、“ 比較的最寄りの練習場で練習 ”
ということになりそうな方向です。



100730_1717~01.jpg
これは、わたしのクラリネット。

高校1年生の、梅雨どき、
学期末試験の前に買ってもらいました。

マウスピースだけは、大学生のときに、
新しいものに買い替えました。
抵抗感があるほうが好きなので、
かなり重たい吹き心地。

とても上手な後輩が、
マウスピースを変えたら、もっとよくなりますよ!
と、たびたび言ってくれるのは、
もっと軽く、楽に音が出るマウスピース
という意味かもしれません。

でもまぁ、今のところ、当分、
このままずっと、
マウスピースを買い替えることは、
きっと、ないと思います。


欲しい本とか、やりたいこととか、
ほかにも、いろいろと、ありますからね。







nice!(7)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

第3回 手織り体験  [handgjord]

100729_2111~ 織3.jpg


幅40cm


100729_2111~03.jpg


3回めになる今夜は、
昨日の夕方、近所で目にした、

 「 百日紅 」

をイメージして、織りました。

そんな感じがするでしょうか?



そして今夜は、友人で、
読書会のメンバー(お客さま!)でもある、
tonttuさんを、お誘いしました。

お喋りしながらでも、
なんなく織ることができましたが、
進み具合には影響するので、
ラストスパートは、お喋りなしで。


100729_2111~ tonttu.jpg by tonttu


初めての手織りです。

とても丁寧で、
最初から最後まで、
きちんと調子が整っています。


千千にみだれる誰かさんのとは、
お・お・ち・が・い☆








nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・実用

『ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん』  [bok]



.おかあさんのたんじょうびのおくりものにする
ブルーベリーとこけももをさがしに
森へいったプッテは、
こびとのおじいさんに出会います。
おじいさんは、ブルーベリーもりのおうさまでした。

「おいで、プッテ。 わたしの国へいこう。
ブルーベリーが、じゅくしているよ。」

.おじいさんと同じくらい小さくなったプッテは、
ブルーベリーの男の子や、
こけももの女の子たちと楽しく遊び、
2つのかごを、あおい実とあかい実で
いっぱいにして帰ってきました。

.小さな虫や動物たちもたくさん登場するこの絵本には、
作者の自然に対する愛情が感じられます。
読んでもらう子どもたちは、
プッテと一緒に、森の中で思う存分
楽しむことでしょう。



___ pepparkaka
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 1997.2.20発行 店頭無料配布紙 掲載


『ブルーベリーもりでのプッテのぼうけん』

100729_0844 PuttesAvantyr iBlabarsskogen.jpg

エルサ・ベスコフ さく・え
 おのでらゆりこ やく
   福音館書店



100729_0845~ Putte原書.jpg






nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『サリーのこけももつみ』  [bok]



.サリーは、おかあさんと、
こけももやまに こけももをつみに来ています。
冬に食べるジャムを作るのです。

.山のむこうがわでは、
ちいさなくまが、おかあさんぐまと、
こけももを食べに来ています。
冬が来る前に、おなかいっぱいに、
食べものをためておくのです。

.夢中でこけももを食べているうちに、
サリーとこぐまは、いつのまにか、
おかあさんを取り違えてしまいます・・・。


.ポリン、ポロン、ポルン!

サリーがばけつにこけももを入れる音が、
楽しくひびいてきます。
ぜひ声に出して読んでみて下さい。


___ pepparkaka
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 1993.10.29発行 店頭無料配布紙 掲載



『サリーのこけももつみ』

100729_0843~ BLUEBERRIES FOR SAL.jpg

ロバート・マックロスキー 文/絵
 石井桃子 訳
    岩波書店


『かもさんおとおり』、『海べのあさ』に続き、
これも、マックロスキーの作品です。

こけもも と訳されていますが、
ブルーベリーのこと。

原題は、『 BLUBERRIES FOR SAL 』。

サリーのブルーベリーつみ では、
長ったらしくて間延びするから、
こけもも にしたのかな?

と、想像してみたりしています。

ブルーベリーは、こけももの一種ですし。


原書は持っていませんが、
なかはすべて、紺一色です。
邦訳では、文字だけ薄茶になっています。

表紙も、ぜんぜん色が違う。
邦訳(写真)は、黒と黄土色ですが、
原書では、濃紺と、たしか薄淡い・・
クリーム色、乳白色、象牙色?

しばらく原書を目にしていないので、
わすれかけてきました。



歌うように読みたくなる、
大好きな絵本なので、
やっぱり原書も欲しいです。

この本の場合は、
ペーパーバックでなく、ハードカバーで。










nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

手織り2つめ  [handgjord]



両端の縦糸を結んだあと、
洗う前です。


100728_1244~ 前半.jpg 前半


手前から向こうへと、
織っていきました。



後半 100728_1246~ 後半.jpg


100728_1247~ 150cm.jpg

平らにして計ったら、
長さは150cmでした。


このあと洗濯機で洗ったら、
144cmに。
ストールとしては、
扱いやすい長さだと思います。


土曜日に織った、
最初の50cm幅のと並べてみると・・・

100728_1419~ 左初 右2.jpg

・・・瓜二つ。



紺や緑は、絶対に使わない!
と、かたく決意するくらいでないと、
次回も、そっくりなのを、また織ってしまいそう。

オレンジ! とか、茶! とか、
しっかりイメージトレーニングしてから、
3回めに臨むことにします。








nice!(9)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・実用

第2回 手織り体験  [handgjord]



家にいると、
座りこんで縫ってばかりなので、
また織りに行ってきました。


100727_1810~ 原毛挿入.jpg


今夜は、幅30cm。


100727_1856~01.jpg


100727_1935~01.jpg


100727_2042~01.jpg


ぶんろうさんのblogで見た蝶トンボが、
とても美しかったので、

蝶トンボに似せた、
紫系統で織るつもりだったのに、
出来上がってみると、
前回のと、よく似た色調になっていました。


100727_2046~ △10cm.jpg


あと10cm!

とのことで、

このあとさらに10cm織り、

全長160cm。


縦糸を結んで、
仕上げに洗うと、
少し縮みます。







nice!(5)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・実用

あぁ、にっくきバーコード  [barnboksbrevduva]


100726_2338~ 古 1977.jpg

ずっと、11巻しか持っていませんでした。


品切れ状態が長いシリーズで、
全巻復刊されるたびに、
買おう買おうと思いながら、
迷っているうちに、
また品切れが出始める。

たいてい、7巻から、なくなります。


次の復刊で絶対買う!

と決めて、
待っていて、
いよいよ出たときには、

なんと、バーコードが入っていました。


ショックのあまり、
またもや、買うことができず。。


バーコードの入っていないものが、
どこかに残っていないか、
探したいと思いながら、
そんな時間は、当時まったくなく。


いま持っている新しいほうは、
がっかりして買わなかったときの数年後、
2005年に復刊されたものですが、

バーコードは、消えません。


100726_2338~ 新 2005.jpg

・・・ヨットが欠けるんです。


絵本みたいに、
シールで対応できないのかしら?
と思うのですが、、、

箱(函,ケース)にシール は、贅沢 みたいです。


こういうところは、贅沢しても、
いいんじゃないかしら??

と、思うのですが。


もっとほかに、
倹約できるところが、
あっちにも、こっちにも、
いっぱいあるんじゃないかしら?

と。




欠けたヨット、返してください。




nice!(7)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

7刷と19刷  [bok]



古 100726_2021~ 1977 7刷.jpg


新 100726_2021~ 2005 19刷.jpg


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ: