So-net無料ブログ作成
検索選択

新しい居場所   [mat och dryck]


この3か月、ずっと気になっていたお店に、
ようやく行くことができました。

ランチ・メニューのなかから、
オムライス・セットを注文。



!じゃん!

080731_1221~パンダ珈琲店のオムライス.jpg

カフェオレなどに模様を描くお店が増えてきましたが、
こんなに愉快で大胆な装飾は、初めて。

左の手前から食べていきました。
ちゃんと美味しかったです。

ところどころに、おや? という味がしました。
チーズなのですが、もっとまろやか・・・
なんだろう? と気になり、あとで尋ねたら、
その正体は、ホワイトソース。
なかにチーズが入っているとのことでした。

真顔で訊いてしまったため、
「お嫌いでしたか?」というようなことを言われ、
慌てて「いえいえ、すごく美味しかったので」
と答えました。

反省・・・。

先に「美味しかったのですが」と言ってから、
「あれはなんですか?」と言えば良かった。
以後、気をつけます。


食後の珈琲。

080731_1230~パンダ珈琲店のランチ・セットの珈琲.jpg

食器が素敵でした。
オムライスのお皿のストライプも。

ちいさなミルク・ピッチャーが、嬉しかったです。
クリームやミルクを、器に入れて出してくれるお店、
すっかり少なくなりました。


窓際席からの眺め。 080731_1235~パンダ珈琲店からの眺め.jpg

こんなような位置にあるお店が、
どこかにあったなぁ と思うのですが、
どこだったか、思い出せません。

行き交う車を見ていると、時間を忘れます。


わたしの前に、母子連れがひと組いただけで、
帰ってしまったあとは、お店を独占。
ランチタイムに、お店としては困るでしょうけれど、
わたしにとっては、ほっとひと息つける、
居心地の良い場所でした。



そして、このお店の、プラス・アルファ。

080801_1526~青のパンダ_KingBlue.jpg

折り紙と、折り方の紙が置いてあり、
好きな色の紙をもらって、折っていいのです。

この紙の色は、King Blue。

張り切って、頭のほうから取りかかったら、
難しくて難しくて。
熱が出るかと思いましたが、
ギブ・アップせずに、完成しました。
からだのほうは、頭よりは易しかったけれど、
それでも簡単ではなかったです。

のりも置いてあって、
頭とからだをくっつけたら、出来上がり。

たいていのお客さんが、途中でわからなくなり、
お店の方に訊きにいくそうです。
訊かずに完成する人は、ごく少数みたい。
えっへん !!

ひさしぶりの折り紙は、とても楽しくて、
折り紙と、折り紙の本を買ってきたくなりました。

もうひとつ、易しい(らしい)パンダもあったので、
次に行ったときは、そちらを折ります。

そう、これは、パンダ です。
パンダに見えますよね??



そう頻繁に行くことはできませんが、
新しい居場所を見つけました。




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

お楽しみの日の服装  [kläder och smycke]


♭ 耳飾り

080728_2123~何かで当たったピアス.jpg

何かのアンケートに答えたら、
忘れた頃に、届きました。
抽選に当たったのです。
左右が違っているところが、○。


♭ 首飾り & 指飾り

080728_2126~中国土産の首飾りと沖縄の指輪.jpg

淡水パールの首飾りは、幼なじみにもらいました。
たしか、中国旅行のお土産です。
とても長いので、四重巻きにしました。
ぎりぎり、くるしくないくらい、ぴったりで、
チョーカーというより、首輪みたいでしたけど・・・。

指輪は、大学を卒業するときに初めて行った沖縄の、
街中のお土産もの屋さんで買いました。
ひとつ100円。
一緒にピンクも買ったのですが、
とてもゆるくて、いつのまにか落としました。


♭ 手首飾り

080728_2133~腕輪3種_10本+淡水+ラピスラズリ.jpg

手首に何かするようになったのは、
わりと最近です。

いちばん下は、おなじみ10本ブレスレット。
次は、大学生の頃に買った、淡水パールの首飾り。
三重に巻いて、ちょうどきっちり。
それから、いちばん最近のとっておき、
ラピス・ラズリ。 これは服装を選びます。


♭ bottoms

080728_2118~白のパンツ@池袋駅構内_約1800円.jpg

3年前、仕事用に買ったもの。
その当時やっていたアルバイトの服装規定で、
下は、白・黒・茶などの無地、と決められていて、
たしか、ジーンズは駄目だったのです。
スカートも、不可だったような。

休日のターミナル駅の、ファッションビルの入り口で、
セールをやっているところを通りかかったので、
なんとなく寄ってみたら、見つけました。
試着して、仕事用にと、即決定。


♭ tops

080723_2117~Spend_one's_time_in_reading.jpg 見えるでしょうか?

ショートカットの女の子が、
耳にピアスをして、首にスカーフを巻いて、
手首にブレスレットをして、本を読んでいます。
テーブルには、花が飾られていて、
香水のような瓶と、それから、積み重ねた本!
おまけに、蝶まで飛んでいます。

こんなものを見つけたら、
買わずにいられるでしょうか??!

これこそ、わたしの " 仕事着 " です。
だから着ました。 今日が、お初。

薄いブルーの、ごく普通のかたちのTシャツです。
いろだけでなく、生地も薄い。

額に入れて飾っておきたいくらいですが、
ときどき着ます。
だって、服は、着るものだから。
たんすの肥やしにしてしまっては、いけません。

でも、Tシャツなので、
着るのは、特別なときだけです。
たくさん着ると、たくさん洗濯して、
すぐに、よれよれになってしまうから。

ある程度着たら、よれよれになってしまわないうちに、
額に入れるかなにかして、飾ろうと思っています。




さて、今日の主役は?

簡単ですね。。。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

読書会のお楽しみ  [bokklubb(måndag]


スウェーデン語を学んでいた当時、
月に1度は、授業のあと、先生と一緒に、
みんなで、飲んだり食べたりしに行きました。
春学期、秋学期、冬学期の終わりには、
先生ご贔屓のレストランで、
ほかのクラスの生徒さんも一緒の、お食事会。
お食事会は、お昼のことが多かったけれど、
夜のこともありました。
泊まりがけで、先生のご自宅にお邪魔して、
畑の収穫体験をさせていただいたり、
お料理を教わったりもしました。


だから、わたしも、先生を真似て、
ただ読書会をするだけでなく、
ときどき、ちょっとしたイベントをやりたい、
と、考えています。
子どもの本に関わることなら、もちろんですが、
まったく関係なくても、いいのです。

どんなことでも、プラス・アルファが欲しい…
と、わたし自身が思っているから。


いちばん手っ取り早いのは、
一緒に食べたり飲んだりすること。
普段、読書会のときに、おやつ休憩をしていますし、
そのまま、お喋りが長引くことが多いのですが、
遠くから参加してくれている人ばかりということもあって、
なかなか、そのあとお食事・・・ というわけには、
いきません。
なので、読書会とは別に、前もって予定を決めて、
"party" と称し、集まることにしています。


お昼を食べたお店の、外観;

080728_1228~ル・クールピューの入口.jpg

おいしいんです。
しかも、びっくりするほど安いんです。
12時になると混雑するので、
11時過ぎに行きました。

おいしかったです。
食後の珈琲もおいしくて、
気づいたら、誰も、
ミルクもお砂糖も入れていませんでした。


電車に乗って移動して、街を散策。

ちいさなお店を、次々のぞいて、
それぞれに、ちょっとずつ、お買いもの。

児童書とおもちゃを扱っているお店に入ったら、
『ラチとらいおん』があったのですが、
カバーがちょっと傷んでいたので、断念。
『ふたりはいっしょ』もあったけれど、
これまた、買うにはちょっと・・・ という状態。
『ユリイカ』のバックナンバー、
石井桃子特集を探しましたが、見つからず、
お店の人に尋ねても、あるんだか、ないんだか・・・
「探したのですが、ないみたいで」と言うと、
それならありません、という感じでした。
残念。 残念。 いろいろ残念。


ようやく、お腹に隙間ができてきたので、
ふたつめの目的地へ。

080728_1456~sadepa=iva=n_ilo-チェリーレイニーデイ.jpg レイニー・デイ

紅茶です。 ハーブ・ティーです。
何種類かあったのですが、
名前に惹かれて、これにしました。
なにが入っていたかは、忘れてしまいましたが、
とてもおいしく、いただきました。

紅茶は、お店で販売もしていて、
箱にしるされた、ほんとうの名前は、

「SADEPÄIVÄN ILO」

フィンランド語です。
その下に英語で、

「CHEERY RAINY DAY」

とありました。

レイニー・デイ だと、雨の日、雨降り、
という意味だけど、CHEERY がつくなら、
陽気な雨の日 とか、雨の日の楽しみ とか、
そんな意味になるから、受ける印象がだいぶ違うね、
と話題になりました。


思っていた以上に、盛りだくさんの "party" でした。

プラス・アルファ の、 "party" に、
さらに、プラス・アルファ があったのですが、
来られなかったひともいたので、今は、書きません。
全員が、プラス・プラス・アルファ が何かを知ってから、
書くことにします。

いつになるかな。 早ければ、8月中。
うーん、9月になってしまうかも。


そうそう、月曜日の読書会は、続きます。

9月からは、〈シリーズ・ノルウェー〉 全3回。

初回は、「スプーンおばさん」です。
これまでは、1回に1冊ずつでしたが、
今回は、3冊ぜんぶ、読んできてもらいます。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

遠出の日の収穫  [barnboksbrevduva]


講演と映画のあとの、混雑した展示コーナーで、
懐かしい方にお会いしました。
LittleBearさんに続き、
この日ふたりめの、ばったり。

お会いしたのは、かつて働いていた、
ひとつめの本屋と、みっつめの本屋の、
お客さまです。
作家との集いや、講演会などのイベントに、
たびたびお越しくださっていました。

みっつめの本屋を辞めて、1年くらい経ってから、
A.リンドグレーンの作品を読む会を、洋書絵本のお店で、
やらせていただいていたことがあるのですが、
なぜか、そのことをご存じでした。
不思議に思って、訊いてみると、
お知り合いが、参加してくださっていたとのこと。

ばったりの次は、びっくり! でした。


子どもの本の世界は、とても狭い世界です。
スウェーデンなど、北欧の世界は、
もっと狭いと感じています。

狭い、というのは、
日本のなかで、業界として、という意味で、
その豊かさ、拡がり、奥深さ… とは、
まったく別の次元の話です。

ですから、子どもの本で、
かつ、スウェーデンなど北欧の、となると、
狭さと狭さで、ダブル狭さ。
講演会などに参加すれば、かならず、
と言っていいほど、知った顔を見かけます。

今回は、北欧ではなく、イングランドでしたが、
こうして、懐かしい方にお会いすることができました。


途切れていたつながりが、こんなふうに、
少しずつ少しずつ、再開していくのは、
とてもありがたいことですし、
お話がはずむのも、うれしいことです。


街を歩けば、ひとに当たる。

おととしの夏に思ったことですが、
今年の春から、そんな感じの出来事が、
また多くなってきています。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

遠出の日のランチとハイ・ティー  [barnboksbrevduva]


遠出の日、現地に到着して、
まっさきにしたのは、お昼を食べることです。

教えてもらっていた、イタリア料理の小さなお店で、
ランチ・セットを注文しました。


- 前菜 -

080726_1257~Adomani@桶川_前菜.jpg

薄いフランスパンのトーストに、ツナのペースト。
四角いガラスの器には、なにかのゼリー寄せ。
いずれも、かなり薄味でした。

ガラスの器の手前には、たしか塩味の鶏肉。
その左は、チリ・ビーンズのようなもの。
この2種は、濃いめの味でした。

お皿の半分を贅沢に占めているのは、サラダ菜。
カメハメハ・カメ議長になったような。。。
(『ジェレミー・フィッシャーどんのおはなし』参照)


- パスタ -

080726_1259~サーモンとホウレンソウのクリーム・パスタ.jpg

豊富なメニューから、好きなものを選べました。
これは、サーモンとほうれんそうのクリーム です。
繰り返しますが、サーモンです。
とげうおのジャック・シャープではありません!
(『ジェレミー・フィッシャーどんのおはなし』参照)


最後にコーヒーをいただきました。
お砂糖を入れて、飲みました。


≡ 窓辺のヒペリカム ≡

080726_1308~窓辺の実-ヒペリカム.jpg

カウンター席だったのですが、
すぐそばに、置かれていました。
名前は、帰りに、
乗り換え駅の構内にあるお花屋さんで、確認。

ほかにも、店内のあちこちに、
センス良く、花が飾られていて、
通りに面した、おおきなガラス窓越しに、
向かいの公園の緑が見えて、
いい雰囲気のお店でした。


〜〜〜

講演と映画が終わったあと、
涙をふいて気を取り直し、洗面所に行ったら、
読書会に参加してくれている、
LittleBearさんに、ばったり。

一緒に館内を徘徊してから、
お昼を食べたお店で、お茶をすることにしました。

午後5時を回っていたので、
イギリス式に、ハイ・ティー です。

ふたり揃って、ケーキ・セットを注文。
飲みものは、ふたりとも、ハーブティー。

LittleBearさんが頼んだケーキは、
忘れてしまいました。
濃厚チーズのタルト とかなんとか、だったかな?

わたしは、ショートケーキをお願いしました。
そうしたら、運ばれてきたのが、これ。

080726_1732~ケーキセット_ショートケーキ!?_&ハーブティ.jpg びっくり !!!!!

うわぁ〜! と、子どもみたいに、
声を上げてしまいました。

これはショートケーキでしょうか???

スポンジのあいだに挟まっていたのは、
たしかにイチゴだったと思います。
ハート模様と、ぽちぽち模様も、
イチゴのソースだったのかもしれません。
まさか、テントウムシ・ソース では・・・。
(『ジェレミー・フィッシャーどんのおはなし』参照)

おいしかったです。
バナナも、リンゴも、プリンスメロンも、キウイも、みかんも、
あかいいろをした、グレープ・フルーツも。
それから、たっぷり添えられていた、まっしろの生クリームも!

また行ったら、またこれを注文しそうです。
あんまり夢中になってしまって、
LittleBearさんのケーキと、
ひと口ずつ交換するのを忘れました。。。


近場の遠出は、美味しさも抜群でした。

国内にしろ海外にしろ、よそへ出かけたら、
その土地にある、その土地のお店で、
できれば美味しいものを、食べたいです。

その土地の名産・特産でなくても、いいのです。
どこへ行ってもあるような、
全国展開・世界展開しているのではないお店、
という意味です。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

〈石井桃子とピーターラビット〉展  [barnboksbrevduva]


於 さいたま文学館


7月26日(土) 初日に行ってきました。
オープニング・イベントで、
ミニ講演と、映画の上映会があったのです。

一緒に行くことにしていた、
読書会に参加してくれている秋空さんは、
急きょ出勤になってしまって、残念でした。


* ミニ講演 *

講師は、河野芳英氏。
(大東文化大学 文学部英米文学科 教授)

わずか30分のあいだに、

- 1 ピーターラビットの話
- 2 ピーターラビットの話の翻訳/日本語訳
- 3 石井桃子の翻訳
- 4 映画の見どころ

という、4つのトピックスについて、
Apple Computer の、Power Point を駆使した、
テンポの良い、わかりやすい講義でした。

「長くなるので、はしょりますが」
と、何度もおっしゃっていたのですが、
その言葉も、その都度、文字で映し出されるので、
いちいち面白かったです。


* 『ミス・ポター』 上映会 *

公開当時、ちらっと何かの記事を見かけたくらいで、
映画は、観ていませんでした。
記事で読んだはずの、内容の断片も、
まるっきり忘れ去っていたので、
ミニ講演で聞いた "見どころ" のほかは、
予備知識ゼロ。
新鮮な状態で観ることができました。

とてもいい映画でした。

泣いて泣いて、泣きました。
このときばかりは、秋空さんが一緒でなくて、
良かった。。。 と思ってしまったほど。

映画を観て、あんなに泣いてしまったのは、
ずっとずっとずーっと昔、妹に付き添って映画館で観た、
『ヤマトよ永遠に』 以来。 という気がします。

ミニ講演で聞いた、いくつかの "見どころ" は、
映画を観る楽しみを、まったく損なうものではなく、
じぶんでは気づかないようなことばかりで、
前もって聞いておくことができて、良かったです。

映画は、ほとんど観ないほうで、
観るとしても、単館上映のことが多く、
しかも近頃は、もっぱら北欧の作品ばかり。
だから、この日は、字幕を読みながら、
英語が耳に入ってくることに、
なぜか違和感を感じました。
でも、イギリス英語は、いいですね、やっぱり。



上映後、展示コーナーは、大変な混雑だったので、
さっさと、あきらめました。

また行きます。
できれば、秋空さんと。
予定が合わなければ、誰かほかの人と。
それも難しければ、もちろん、ひとりで。



さいたま文学館は、きれいな建物でした。
○○文学館などと名のつくところには、
四角いコンクリートの、薄暗い、
古い図書館のようなイメージを抱いていますが、
コンクリート造りではあったけれど、
外壁が曲線を描いていて、かなりの部分がガラス張り。
館内は、あかるく居心地が良かったです。

電車を乗り継いで、1時間半くらいでした。
どの駅でも、待ち時間がほとんどなかった上に、
行きも帰りも、最速の電車がやってきたので、
ラッキー! でした。
往復とも、乗り換え3回、電車4つ。
その電車が来なければ、場合によっては、
乗り換え4回、電車5つ。
接続が悪ければ、2時間はかかったはずです。

前に書いた、7月下旬の近場の遠出 というのは、
このことでした。
行きと帰りで、乗り換え駅が、
1か所違ったことも、面白かったです。




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

頼まれて  [kläder och smycke]


「その10本ブレスレット、いいわね。
.わたしのぶんも買ってきてちょうだい。 
.4つ。色は、あなたのセンスに任せるから。」


ご依頼を受けたので、
買ってきました。

080726_0832~永井さんに頼まれて_1.jpg 080726_0836~永井さんに頼まれて_2.jpg

左の左 : わたしが常用しているのと、ほとんど同じ。
左の右 : 茶&ゴールド系・・・ わたしも欲しい。

右の左 : 黒系。 いつも黒を着ていらっしゃる方なので。
右の右 : 赤紫系・・・ 欲しい !!


父よりひとつ年上の方なんです。
どうか、気に入っていただけますように。


じぶんのぶんは、買いませんでした。
次に近くまで行ったときに、
いい色のが残っていたら、ひとつ買うかもしれません。

ばらばらになっているから、
好きなように組み合わせを変えて、
違った色合いにできるところが、いいところ。
本数だって、自由自在です。



nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

都会の夜  [liv]


たまにはこんな写真も・・・

080725_1912~センタービル入口_損保ジャパンビル.jpg 7月25日(金)19時12分


美味しかった「お新香盛合せ」 080725_2124~お新香盛合せ_銀座ライオン@新宿.jpg


また! どっさりビール券をもらったので、
来月も開催することに。 日時も決定。

お店の戦略に、ぽんっ と乗っかって、
楽しんじゃうのが、いいですね。
食べものが、どれも美味しいお店だから。


みんな、すごーく酔っぱらっていたので、
次回のご案内メールは、
わたしが草稿を書き、幹事くんに送信して、
幹事くんが配信することになっています。
秘書に抜てきされました。 えっへん。

でも、そういうことになったことさえ、
幹事くんは、覚えていないんじゃないかなぁ。
ほかのひとたちは、覚えているかなぁ。
みんな、とってもゴキゲンで、面白かった〜。


わたし?

わたしもゴキゲンでした。
ばっさり・さっぱり、髪を切りたてでしたしね。



≡ 薦められた本 ≡

五木寛之 『青春の門』
三浦綾子 『氷点』『塩狩峠』

・・・読みます。





nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

文月ふみの日・手紙歴  [brev]


これまでに、いちばんたくさん書いたのは、
日記ではなくて、手紙です。 おそらく。

今日は、文月ふみの日なので、
そんな話を書こうと思っているのですが、
事前に準備をしていませんでした。
今日は時間がありません。
たぶん、明日もありません。

だから、本文は、明後日になります。

そのあいだに、何か別のことを、
書いたりするかもしれません。
そんな気がする。。。


では、そろそろ行ってきます。
日傘をさして、冷房よけのニットを持って。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

野菜販売所と箸間と簡単お昼 +翌日の一品  [mat och dryck]


080722_0918~野菜販売所.jpg  野菜販売所

手前が、この春に設置された、野菜ロッカー。
奥に、かごと料金箱もあります。


080722_0920~野菜ロッカー.jpg 野菜ロッカー

いつ見ても、どこで見ても、可笑しいです。
野菜がロッカーに入って、買われるのを待っているなんて。


080722_0923~枝豆&とうもろこし.jpg 枝豆 & とうもろこし

買ったもの。
今日の豆類は、いんげんではなく、枝豆でした。
とうもろこしは、ロッカーのなかではなく、かごのなか。

とうもろこしって、ペンギンに似ていると思いませんか?


箸間 080722_1103~11時のおやつ_トウモロコシ&ミルク.jpg とうもろこし & 牛乳

農作業をするとき、おにぎりやお漬け物を持っていって、
畑で休憩して食べること or ものを、
「はしま」と言うそうです。
朝とお昼の間、お昼と夜の間に食べるから、
お箸とお箸の間・・・ で、「箸間」。
と教わったのですが、
検索結果は、こんな感じでしたか? Sallyさん。

いい言葉です。
新しく、いい言葉を知るのは、うれしいことです。

それにしても、夏休みの子どものおやつみたいですよね、
この組み合わせ。


簡単お昼 080722_1414~枝豆ご飯_桜エビスリゴマ-テンメンジャン.jpg 枝豆ご飯

いちいち "簡単" とつけるまでもなく、
いつも簡単なものばかり、です。

枝豆をさやから出して、お塩とお醤油をかけて揉み、
ご飯と一緒に炊飯器で炊いただけ。
毎度おなじみ、桜えび & すりごまをふりかけて、
母製テンメンジャンをのせて、いただきました。
お味噌汁も〜 といきたいところでしたが、
暑いので、省略。

枝豆は、ひと袋ぜんぶ入れたほうが良かったな〜
と思いました。



そして、翌日の一品 ....................

080723_1151~枝豆の旭ポンズ三温糖漬け.jpg 残り枝豆のポンズ三温糖漬け

朝、枝豆の残りを、水と一緒に電子レンジで2分。
やけどしそうになりながら、さやから出して、
ちいさなふた付きの容器に入れ、
ちょっと考えて、三温糖を適当にかけ、
とっておきのポンズを適当にかけ、
ふたをして、しゃかしゃかとシェイク。

..."適当" ではなく、"適量" と書くと、
...お料理レシピ っぽくなりますが、
...そうなるのが恥ずかしくなるほど簡単なので、
..."適当" と書いています。
...ほんとうに適当ですし、そもそも、
...これは、"お料理" でしょうか ???


容器の密閉性に不安があったので、
ビニールの袋に入れてから、ハンカチに包み、
食料用にしている巾着袋に入れて、バッグのなかへ。

お昼は、お惣菜屋さんでお弁当を買ったのですが、
こんな一品があるだけで、ほっとします。
ビニールの袋に入れたのは、大正解! でした。


なかなか完全なお弁当がつくれず、
残りご飯を持っていって、おかずを買うとか、
残ったおかずを持っていって、おにぎりを買うとか、
そういうことが多いです。
おかず3品を入れた、完全な(じぶんとしては完全な)
お弁当を、毎日のようにつくっていた時期もありましたが。

ちょっとだけ持っていって、あとは買っちゃおう!
と思っているくらいのほうが、気楽なので、
かえって、こまめに持っていくことができます。


おかずを買うときは、誰でもそうだと思いますが、
じぶんでは使わない素材が入っているものを、
選ぶようにしています。

例えば、烏賊とか、レバーとか。
好きなので食べたいけれど、
素材のままでは、ちっとも買わないから。。。



nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理