So-net無料ブログ作成
検索選択

帽子の理由  [kläder och smycke]

数日前から、急に涼しくなりました。

3時過ぎに、歩いて10分ほどのところまで、
帽子をかぶって、雨傘を持って出かけました。

空はどんより曇っていたし、朝から降ったりやんだりで、
夏用の帽子をかぶるには、ちっともふさわしくないお天気だったのですが。

住宅街を歩いていると、
なんともいえない不安な気持ちになりました。

寂しくなったのでもなく、悲しくなったのでもなく、
心細いような、不安な気持ち。

帽子をかぶっていて良かった と思いました。

わたしは帽子が好きで、ほとんど1年中、
出かけるときには、たいてい帽子をかぶっています。
数年前の夏、日傘をさして帽子をかぶらずに出かけたら、
よく行くパン屋さんのおじさんに、
「あれぇ、帽子かぶってないからわからなかったよ」
と言われてしまったほど。

好きだからかぶっている帽子だけれど、
安心で、落ち着くから。。。 そんな理由もあるのです。
目深にかぶると、周囲から隠れているつもりになれますしね。

夏の終わり。秋の始め。
この季節には、寂しくなったり悲しくなったりしがちですが、
不安は、どこからきたのでしょう?

からっと晴れて、青空になったら、
きれいさっぱりなくなってくれるでしょうか?
そうだといいな と思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

更新のこと  [Weblog]

過去に遡って、ぽつりぽつりと書いています。

先日から、5/28、8/11、そしてついさっき、
6/25の記事を書きました。

今後もいくつか、新しい(でも古い)記事を書く予定ですが、
最新記事一覧に表示されているいちばん下の記事より前の日付では
書きません。

古い方から順番に、できれば過去へ遡らずに、
書いていけばいいのですが、前へ後ろへ行ったり来たりで、
読みにくくて、ごめんなさい。

書けない…というか、読み書き不自由な状態が、
かれこれ1年近く続いているのです。
ようやく少し復活しましたが、でもまだ先行き不透明。
そんな話も、ぽつぽつ改訂期待と思っています。
えっ、改訂期待?!  そうですか。。。
ここはもちろん、書いていきたい と書きたかったんです。
as you know!

誤変換って、ほんと、面白いですね。
肝心なところに限って、おかしなことになってしまって、
それが言い得て妙だったりして。

と、話がそれましたが、更新状況のご説明 でした。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

列島インフルエンザ?  [årstid och väder]

40℃超だとか、39.6℃だとか、38.7℃だとか。

インフルエンザの高熱かと思うような、
連日の各地の最高気温。

それでも、昨夜から、リリリリ… と、
秋の虫の声が聞こえはじめました。


カイロプラクティックへ  [liv]

2年半ぶりにカイロプラクティックに行きました。
首も肩も背中も腰も、からだじゅうが痛くて痛くて、
しかも、ここ最近、歩くとなんだかぎくしゃくとして、
からだがゆがんでいるような気がしていたからです。

歩いて20分くらいのところなのですが、
この暑さでは、汗びっしょりになってしまうので、
1駅、電車に乗りました。
(なので、4か月ぶりの次は、中2日で電車に乗ることに)

ほかのカイロプラクティックに行ったことがないため、
比べることはできませんが、ここの先生の治療は、まるで魔法です。
ちょっと触ったり、ぐーっと押し続けたり、
長いあいだじっと手を当てているだけだったり。
終わってすぐに、ああ気持ち良かった!というわけではないけれど、
あとになって、ちゃんとからだが楽になっているのです。

先生には、ときどき、びっくりするようなことを言われます。
通いはじめたばかりの頃、もしかしたら初回だったかもしれませんが、
「今すぐ仕事を辞めたほうがいいね」と言われました。
その後しばらく通ってからも、また、「どうして辞めないの?」と。
先生からすると、わたしのからだは疲れきっていて、
とても働ける状態ではなかったようです。

通いはじめて3〜4か月ほど過ぎた頃、
とてもショックを受ける出来事がありました。
それまで生きてきたなかで、いちばんショックと言えるほどの出来事です。
それから数日経って治療に行ったとき、先生は、
うつぶせになっているわたしの背中を触ると、
「何かあった?」と訊きました。
わたしはそのとき、「ありました」としか答えられなかったのですが、
先生は、それ以上は何も訊かず、黙々と治療してくれました。
ちょっと触るだけで異変に気づくなんてすごい、と思ったわたしは、
これをきっかけに、先生への信頼感が高まりました。

その後2年くらいは、先生のところに通いつつ、
仕事だけでなく、母校のOB吹奏楽団の活動に参加したり、
たびたび音楽を聴きにいったり、かなり元気にしていたのですが、
それからまた、どんどん下降線をたどってしまい、
ある日、先生に言われた言葉;
「このままだと死ぬよ」
静かな口調でしたが、怒っているようでした。
そんなにじぶんを酷使していたら、いくら治療しても駄目じゃないか!
とでも言いたげに…。
結局、それから半年後には、体力の消耗だけでなく、
ほかにも幾つか理由があって、職場を離れることにしたのですが、
「このままだと死ぬよ」と言われるなんて、おそろしいことですよね。

さて今日は、助手の方にチェックしてもらった後、
うつぶせになって先生を待っていると、
やってきた先生は、わたしの背中をぱぱっと触るなり、
「首から背骨ぜんたいが、がちがちだねぇ〜」と言いました。
痛むはずです。
治療は、以前とは少し違っていて、とまどいましたが、
ひさしぶりだったせいか、たっぷり時間をかけてもらいました。

最後に、今まで通り血圧を測ってもらったら、
左腕:50台〜80台
右腕:60台〜90台
相変わらず、低かったです・・・。

そして、帰りは電車に乗らずに、歩きました。
途中でスーパーに寄るために、いちばん近道ではなく、
遠回りをして帰りました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

4か月ぶりの電車  [liv]

昨日の続きです。

美容院には、電車に2つ乗っていくのですが、
電車に乗ったのは、4か月ぶりでした。
4月19日を最後に、今日まで一度も電車に乗っていなかったんです。

車が中心の生活をしている人など、生活環境によっては、
それほど特別なことではないかもしれませんが、
1年の3分の1を電車に乗らずに暮らすのは、
わたしの場合、かなり珍しいことです。
今までにそんなことあったかな?と考えてみたのですが、
思い出せない・・・というか、なさそうです。
うんと小さな赤ちゃんだった頃なら、あるかもしれません。

そろそろお盆休みに入っているせいか、
電車は思ったよりずっと空いていて、行きも帰りも座れましたが、
帰りの電車では、ちょっと気分がわるくなりました。
美容院疲れと、冷房が効き過ぎていたせい、だと思います。

次に電車に乗るのは、いったいいつになることでしょう。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

美容院へ  [liv]

髪を切りに行きました。
ショートにしているのに、半年ぶり。
せめて2か月に1度はカットしたいのですが、
半年もほったらかしだったので、かなり鬱陶しくなっていました。

いつもの美容院で、いつもの美容師さんに、
「浴衣が着られるくらいに短くして」
とお願いしました。
でも、カットは基本的におまかせです。

わたしの髪は、硬くて多くて、美容師さん泣かせなのですが、
もう10年くらい同じベテラン美容師さんなので、説明いらず。
すっきりして、手間がかからなければいいので、
美容師さんの気分で、髪型はときどき微妙に変わります。

以前は、年に2回縮毛矯正をして、
ときどきカラーもしていたのですが、
2年前の秋に、とても体調が悪くなって、
シャンプーや化粧品で肌が荒れてしまったことがあり、
それ以来、縮毛矯正もカラーもやめました。

今日は東京湾の花火大会だったので、
お店は、浴衣の着付け&ヘアーメイクのお客さんで大混雑。
わたしのカットは途中で中断しましたが、
それでも、あっというまに済みました。

家に帰ってから鏡を見たら、襟足がもうちょっと、
短いほうが良かったなー という感じでした。
次回は、最後のチェックをちゃんとしなくちゃ。
でも、縮毛矯正をしないと、これが限界なのかもしれません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

高校野球  [liv]

3時のニュースを聞こうとラジオをつけたら、
高校野球をやっていました。
ニュースは、この回の攻撃が終わってからとのこと。

大会初日の第2試合。
早口の実況アナウンス、解説者は選手たちを「君」づけで呼び、
「よく走りましたね」「惜しかったですね」と、
ゆったりとした口調で、常に選手たちを優しく見守っています。
そして、にぎやかな応援団の演奏と声援。

遅いお昼を食べようとしているところだったのですが、
胃のあたりがきゅぅっとなって、なかなか食べられませんでした。

「胸が詰まる」というのは、こういうことを言うのかな?
などと考えながら、高校野球の音を聞いていました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ