So-net無料ブログ作成
検索選択

読書会 <Tove Jansson> ②  [bokklubb(måndag]

<トーベ・ヤンソンを読む>
2回目の今日は、『彫刻家の娘』。
Janssonの自伝的小説です。

「淡々と読んでしまった
「ムーミンを読んでいないと、どうだろう…?
「キリスト教に関連する記述が、よくわからない
「子どもの視点、大人の視点、いろいろあって難しかった
「ムーミンのエピソードにつながる話
「ママの、パーティの準備の仕方が良い
「パパ ←(ムーミン童話の)ムーミンパパ、じゃこうねずみ のよう

・・・こんな感想集でした。

わたしがこの本に出会ったのは、1998年4月。
大型書店の児童書売り場に平積みになっていたのですが、
帯に印刷された、本文中に出てくる、
「ほんとうに大切なものがあれば ほかのものすべてを無視していい」
という言葉にパチパチッときて、その場ですぐ買い求めました。

当時は、6年近く働いた児童書専門店を辞めて半年。
スウェーデン語の勉強に力を入れたり、全然別の仕事をしたり、
いろいろやっているけれど、やっぱり本屋で働きたい!
という思いを強くしていたときだったので、
この言葉に、おおいに刺激されたのです。

これまでに何度か読みましたが、
今回改めて読み返し、いちばんこころに残ったのは、
「すぐに決心できなければ、一生かけても決心できない」
という一文でした。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

百合  [natur och miljö]


マンション脇の茂みに、たくさんの百合。

北側に面しているし、おおきなソテツの陰になっているしで、
日当たりはあまり良くなさそうなのですが、
とてもよく咲いています。
奥のほうまで、百合。百合。百合。。。

右向け右! とばかりに、みんな同じ方を向いています。
調べてみると、こんなふうに横向きに花をつけるのは、
「鉄砲百合」というのだそうです。


鶏丼  [mat och dryck]



ひと口大に切った鶏もも肉
小松菜、生しいたけ

お酒、お醤油、お塩、ブラックペッパーあらびき。
油は使いませんでした。 鶏の脂でじゅうぶんです。

ご飯にのせて、できあがり。

ちょっと薄味でした。お醤油が足りなかった・・・。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理