So-net無料ブログ作成

あらひろこ&Rivendell ジョイントコンサート  [musik]

あらひろこ /カンテレ
Rivendell(木村林太郎/アイリッシュハープ + 藤野由佳/アコーディオン)
@自由学園 明日館ラウンジホール
2007年11月13日(火)19:00開演

.....................................................................................♪

前半は、Rivendell のお二人による、
アイルランドやスコットランドの曲の演奏。
アイシッリュハープの木村さんが弾きながら歌う歌は、
「声」という楽器のようでした。
アコーディオンは、お祭りや遊園地などで、路上で奏でる陽気な楽器、
というイメージですが、曲調のせいか、どこかもの悲しい感じ。
送り込まれる空気が、人の息づかいのようで、
人が話したり歌ったりしているように聴こえました。

前半が終わり席を立つと、後方に、ひろこさんの姿が。
すぐに気づいていただいて、どちらからともなく、再会のhug。
2年前の9月に、札幌でのライブで初めてお目にかかり、
深夜に、宿泊先のホテルまで車で送っていただいて、
hugでお別れして以来・・・。
あのときも、偶然、Rivendell との共演でした。

後半は、ひろこさんのカンテレ独奏。
39弦のコンサートカンテレの、マイクを通さない素の音が、
ひとつひとつ、丁寧に聴こえてきます。
ときどき弾かれる低音が、ずんと響きました。

5弦カンテレの演奏もありました。
ひろこさんの5弦カンテレは、ひろこさんにお願いして購入した、
わたしの5弦カンテレとは、つくりが違っていました。
わたしのは、ギターのように、弦の下に丸い穴があいていますが、
ひろこさんのは、穴はあいていなくて、底がないのです!
びっくり。
そして、演奏が始まると、ますます、びっくり。
5弦カンテレは、5つの音だけの楽器のはずなのに、
なんてたくさんの音が聴こえるのでしょう!!!
幻聴? 空耳?
巧みに奏でるひろこさんの指先を、じっと見つめてみましたが、
どうして、あんなにたくさんの音が聴こえてくるのか、
謎は、謎のままでした。

カンテレという楽器の、静かで穏やかなイメージを、
良い意味で裏切ってくれたのは、
フィンランドの作曲家、マルチ・ポケラの曲。
情熱的で大胆で、面白かったです。

そしてそして、ひろこさん自作の曲たち。
こんなに心地よい音を紡ぎ出すことができるなんて、
ほんとうに、うらやましい。

お客さまたちは、皆、一心に耳を傾けていて、
会場の空気は、ぴんと張りつめていました。
曲が終わるたびに、張りつめた空気が、ふっとゆるみ、
奏者と聴衆が一体となって、とても良いコンサートでした。

ひろこさんは、フェルトを起毛させたような、
白いふかふかした感じのノースリーブに、
やはり白の、長めのスカートをはいていて、
スカートの裾まわりには、刺繍なのかアップリケなのか、
黒い色で、木や鳥の模様が施されていました。
靴は、黒かチャコールグレイのフラットシューズ。
カンテレにも、ひろこさんにも、白がとってもお似合いです。

厳かな雰囲気に満ちた、気持ちのやわらぐコンサート。
いい時間を過ごすことができました。




nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 4

hiroko

pepparkakaさん
素敵な記事をありがとうございます。
この間はお会いできて、ほんとうによかった。
ご来場くださって、ありがとうございました。

5弦のカンテレ、本当に面白い楽器です。
私のブログのコメントにも書いたのですけれど、
あの5弦カンテレは東京で貸していただいたもので、
木製のペグに金属弦で、金属ペグのものより
少しやわから目の音色です。
アルバムMoon Dropsの中で弾いているのは、
木製のペグに馬の尻尾を模したナイロン弦が張ってあるもの。
より素朴で訥々とした音色になっていると思います。

またお目にかかれる日を楽しみにしています。
寒くなる季節、どうぞご自愛くださいね。
by hiroko (2007-11-24 12:08) 

pepparkaka

♮hirokoさん

ふらっと行ったので、筆記用具がなく、
曲名をメモできなかったのが、惜しかったです。
でも、前売り予約完売だったのですね。
当日いきなり入れて良かった!

アルバム『Moon Drops』、
ずっと聴いています。 夢心地。
アルバムで、5弦カンテレで弾いている曲は、
5つの音しか聴こえないようなのですが…
コンサートでは、やはり幻聴?
今ひとつ、耳に自信が…

クリスマスまで、あと1か月ですね。
ぜひまたお会いできますように!
by pepparkaka (2007-11-25 19:47) 

柴田智子

hirokoさま

今日ホームページでhiroko様のことを失礼ながら知りました。
とても素敵なサウンドと美しいオーラをお持ちですね!
私は世界の素晴らしい音楽を自分で集めて公演しているソプラノの柴田智子といいます。
フィンランドににも6年前に旅をして、カンテレにも見せられ
東京近郊でカンテレ奏者の方がいらっしゃらないかずいぶん探しました。
フィンランドのかレリアンの丘などアレンジして歌っております。
7月の東京でライブがあります、ご相談したいこともあるのですが
ご連絡を頂けないでしょうか?

どうぞ宜しくお願いします。この書き込みは読まれたら消していただければ
メールアドレスがわからなかったのでごめんなさい!

by 柴田智子 (2008-03-01 00:23) 

pepparkaka

♮ソプラノの柴田智子さま

カンテレ奏者あらひろこさんのホームページURLは、
下記の通りです。

「KANTE-Letter」
http://
white.ap.teacup.com/kantele/

どうぞよろしくお願いします。 ^_^;
by pepparkaka (2008-03-01 11:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2